×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/8 ミーヤ・ミーヤ 製作編

07’7/9
ミーヤ
さて久々のメイキングです! 全国一億三千万のケモナーの皆さんお待たせしました。メカ者の皆さんゴメンなさい(謝)。今回のネタは懐かしのアニメ『RPG伝説ヘポイ』のヒロイン、ミーヤ・ミーヤです!! ケモキャラの草分け的存在の彼女をいつか作りたいと以前から画策していたんですが、07年4月にめでたくDVD-BOXが発売されたので(ちなみに私はまだ未購入)、この機を逃してなるものかと製作に踏み切ったワケです。無事版権審査も通り、次回の『WF2007夏』にて販売する予定なので、お楽しみに♪

さて例によってアイディアスケッチです。ミーヤは劇中では四〜六頭身で作画されていて、シーンによって結構バラバラなのが困りモノ。頭身が低いとせっかくのナイスバディが生きませんし、逆に高すぎると別のキャラになってしまいます。このスケッチは私の絵のクセで頭身が高いんですが、結局中間をとってスケッチよりもう少し大きめの、五頭身くらいで行くことにしました。では製作開始ですッ!!

できました。

ミーヤ0
………………

すいません、ウソです。

でもウソと言っても半分は本当で、これはヘポイ放送当時(17年前…)、私自身が製作したもので、正真正銘のフィギュア処女作です!!(処女作ですでにケモノ…) こんなモノ発表するのは耳から鼻血が出るほど恥ずかしいんですが、せっかくなので自虐的に大発表(笑)。こんなの作ってたヤツが今は原型師だなんていばってるんですから(←いばってない、いばってない)、皆さん自信を持って下さい♪ ちなみに使用した材料はタミヤのエポパテ。塗装は水性アクリルで、表面にホコリが食い付いちゃっててとれません(泣)。全長6cmほどのミニフィギュアです。ヘポイとリュートも作るつもりでしたが、挫折しました(←ありがち)。

ミーヤ1 さてつかみもすんだトコで、ここから本当に製作です。

作業内容としては過去のメイキングとほぼ同じなので、ミーヤ編は要点のみでちゃっちゃと行くことにします。不明な点は過去のものを参照するようにして下さい。

まず芯を作りますが、いつものようにレジンの廃材を利用して組み立てています。

ミーヤ2 軽量エポキシパテをドカドカ盛って形にしていきます。あんまり細かいことは気にせず、盛って硬めてさっさと人型にしてしまいましょう。ヘンな所はあとで直せばイイのです。
ミーヤ3 それっぽくなってきたら、顔にシャーペンで目鼻を描いてから彫り込みます。手も作ってしまいましょう。このへんまでは普通の人間とかわらないですね(笑)。

ちなみにこの状態だったのが4/9。製作開始から約一週間です。


07’7/20
ミーヤ4 耳が付くと急にネコらしくなりますね(設定では妖精らしいですが)。前髪も作っていきましょう♪

ミーヤはいわゆる『後ろ髪』がないデザインなので、頭部のバランス取りが非常に難しく、そこが攻略のポイントとなっています。劇中でもヘンなひょうたん頭に描かれることが多かったんですが(泣)、なるべくかわいくなるように注意しながら作業を進めましょう。

もう一部の部品は分割してますね。赤い線は部品がずれないようにするために、マジックで書いた印です。

ミーヤ5 この右手のポージングには結構悩みました。リュックの肩ひもをつかみつつ、胸にあまり干渉しないようにしなければならなかったので、2〜3回バラしてやり直しています(泣)。手首の角度もスケッチとは違うものにしていたんですが、結局180°ひっくり返すことに…。
ミーヤ6
ポーズはこれでほぼ決定です。もう完全にミーヤですね♪ ポニーテイルはレジンを芯にした、いつものケチケチモデリング(笑)。ベースは以前計量カップの中で固めてしまったレジンを芯にしています。なんでも取っておくと利用価値があるモノです(笑)。この時点で4/15…。先は長いゾ。

07’7/28
ミーヤ7
さらに作業が進んだ様子。ポニーテイルは二面型で成形することを考慮しつつ、なるべく平面的な印象にならないように、表面のうねりや毛先のバラけ具合に気を使います。シッポも同様でどの角度から見ても曲がって見えるように、なるべく三次元的に曲げてやりましょう。この時点で4/19です。
ミーヤ8 とりあえずサーフェイサ−500を筆塗りしてみた状態です。

体のディティールはシャーペンで描き込んだだけですが、これが版権申請用の写真になりました。結果は見事合格♪

この時点で5/4ですが、このあと他の仕事があったり、精神的に安心したこともあって(笑)、しばらく休眠期間となりました。ミーヤはこの状態で机の上でホコリをかぶっていくことに…(泣)。


07’8/4
ミーヤ9 ディティールを追加していきます。ブラの肩ヒモは断面を半円形に削った0.8mmプラ棒で作りますが、成形の関係上肌に密着させています。もちろん実際にはこんな風にはならないので、気になる方は各自で削り落として、プラ棒で自作してもらうことになりますね。
ミーヤ10
版権物を作る時に厄介なのが著作権表示、いわゆるマルCですね。2〜3文字のアルファベットならともかく、複数の文字…しかも漢字だったりすると彫るだけでも大変です。そこで便利な方法をご紹介(私もネット上で見つけたんだケド(笑))。用意するのはキッチン用のアルミテープ。これにボールペンでグリグリと字を書くとあら不思議、見事にへこんで彫刻風に♪ ダイモテープの逆ですね。あとはこれを切り出して貼り付けるだけ。あまり小さな字を書くとつぶれてしまいますが、彫刻するよりは100倍楽です♪ お試しあれ。
ミーヤ12 今回のキットにはミーヤの右耳のピアス用に、こんなビーズを同梱します。その名も『キャッツアイビーズ』!! BB弾と同じ6mm径で、見ての通り白く美しい光彩が入っています。ビーズなので穴が開いているんですが、透けていないので真鍮線で固定することができます。まさにミーヤにうってつけの一品ですな♪
ミーヤ11
そしてついに原型完成〜、やった〜♪ この時点で7/22でした。結局五ヶ月近くかかっちゃいましたが、なかなかの出来だと思います。と、油断してはいられない。複製を取って完成見本を作らねば! ではみなさん、WF会場で会いましょう!!
完成画像はコチラ!⇒
Backボタン