×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/8 WAKABA 製作編

wakaba1wakaba2 ポリパテ固めて4、5日目。だいたい「こんな人かな〜?」ってイメージが固まるとこまで、一気に持っていきます。じゃないと飽きて来ちゃうモンで。いつもこのヘンの工程が一番焦ります(イメージ通りの形になんないんじゃないかな〜って)。あっ、あと12月30日から始めたっていうこともあるかも。ほら、年末って追い込まれるでしょ? 気持ち的に…。

今回、使用した材料は、ウェーブのポリパテモリモリの硬化剤この組み合わせは付属の硬化剤で固めるより硬化スピードが速い気がします。このウェーブのポリパテはモリモリのきめ細かさとボディフィーラ−(田中氏がよく使っているポリパテの商品名です《伊》)の硬化スピードを合わせ持っていますが欠点もあります。それはモリモリなみの劣化の速さです。いまピクルスを漬けるような密閉性の高いビンにいれているんですが、それでも劣化スピードは変わらず困っていた時、伊藤さんの「光で劣化してるかも(紫外線とか)」のひとことでビンの周りをガムテープで遮蔽してみたところ、劣化スピードが遅くなった気がします。モリモリ系ポリパテを最後までちゃんと使い切るのは結構初めてかも。ボディフィーラ−って劣化しないんで…。


wakaba3
上の状態から約10日。本業もあるんで、まあ、ペースダウンですが、着々と進行中。一部デザイン画と違う所もありますが、このあとも変わっていきます、たぶん…。右手がヘンダナ〜、なんか決まらない。また変えるかも、きっと…。

ここで再びボディフィーラ−の話をちょっと。前回はウェーブポリパテについて語ったので、今度はフィーラーについて少し。ボディフィーラ−は硬化スピードが早くて「まじでハンパじゃねえ!」って感じ。魚肉ソーセージぐらいの固さになるのに約2分ってとこ。完全硬化後は固いですが、ターボライター等で暖めながら削れば問題無しです。欠点は薄く盛ると(プラ板に盛る。剣、アンテナ、羽などのパーツ)反り返りがきつい事。モリモリなどに比べると若干きめが粗い事かなぁ。とまぁソンなとこです。

wakaba4 wakaba5

05’12/19
wakaba6 2年ぶりの更新です。

その後すっかり行方不明状態で、前髪とかはそこらに転がっていて他がどこかにいってしまっていたんですが、このたび年末の大掃除で顔とボディが見つかりましたので、改めていじり直してます。

昨今の『萌え』だの『メイド』だののブームがあまりにも…なのでメイドはやめました。というより、なんか強そうなキャラになってきたので武器でも持たせようかと思ってます。巨乳がかっこよく決まったのでこれを活かしたいんですが、水着でもいいかな〜どないすっかなぁ。


05’12/30
wakaba7
え〜こうなってます。特に「こんなキャラが作りたい!」ということではなく、半脱ぎズボンのシワが作りたいがための現状です。予定では左手にオートの拳銃と、右手にコンバットナイフを持たせるつもりです。上半身には半脱ぎTシャツ着せて、タイトル『脱いだらスゴいんです』なんてところでどうでしょう?(←バカ?)
Backボタン